渡部 秋吾

渡部 秋吾

開発部門 / システムエンジニアリング部 / システムエンジニア

メディアラボ入社年

2006年

ワークスタイル

オフィス / 訪問

「医療システムを支える規格を取り扱う技術者として、社会に貢献できていることが仕事の醍醐味です。

仕事で大切にしていること:

仕事は20代前半から始めて60歳を過ぎるまで1日の1/3以上の時間を費やすものです。 人生の1/3を仕事に費やすことを考えるとやりがいがあって楽しくできることが重要だと思います。 如何に仕事と生き方を結び付けていけるかを常に考えながら仕事をしています。 その中でも相手がいて喜んでもらえることが何よりのやりがいです。

 

Pigeonという製品に込めた想い:

開発初期から携わっており愛着があります。 紆余曲折ありながらも様々なバージョンアップをして多くのお客様に喜んで頂いております。 Pigeonの製品キャラクターである鳥が、関わる人みんなに幸せを届ける鳥であると信じています。

 

日本の課題とIT:

日本の企業、特に中小企業ではITが浸透していない傾向にあります。 何が良いのかもわからない、導入してみてもうまくいかない、過去の成功体験に囚われて導入もしないといった企業が多く見られます。 現在、社会は目まぐるしいスピードで変化をしています。 この変化に対して、諦めたり悩んだりするのではなく、相談できる人を見つけることが重要です。

 

挑戦していること:

システムを開発することとシステムを運用することは大きく違います。 如何に運用して頂けるかを考えながらお客様と共に成長していけるように、業者の垣根を超えた パートナーになれるよう挑戦しています。

 

仕事を通して実現したいこと:

企業にとってシステムとは導入することが目的ではなく、システムを利用することで業務が楽になったり把握ができるようになることで社員やお客様やその周りの人が幸せになることを目的です。 みんなが幸せになる目的を達成して頂くためにシステムをご活用頂くお手伝いをしていきたいです。

 

メディアラボで働くことの醍醐味:

メディアラボでは仕事が生活するための手段としてではなく、人生の楽しむための一部として働くことができます。 ITを通じて相手に喜んでもらうことを身近に感じられるのが最高のやりがいです。