吉岡 早希

吉岡 早希

開発部門 / システムエンジニアリング部 / システムエンジニア

情報システム担当

メディアラボ入社年

2006年

ワークスタイル

ハイブリッド:オフィス/リモートワーク

「電話、メール、チャットの3ツールを使ってお客様の悩みを解決します。お客様が抱える課題の解決から、システム品質の相談相手まで。お客様と同じ方角を見て一緒に歩いていく。それがシステムエンジニアリングだと思います。」

仕事で大切にしていること:

ノウハウや情報を後に伝えることです。今の自分にとっては当たり前のことでも、いつか別の誰かに引き継いだり、何年もたってから当時の経緯を踏まえて対応しなければならなくなることがあります。今の自分とできる限り変わらない効率と品質で、仲間や未来の自分がアウトプットできることを大切にしています。 メディアラボにはそのことが全社的に行える仕組みや仲間への貢献として認められる風土が作られてきています。会社の在り方の変化と一緒に、自分が大切にすることも変わってきたと思います。

 

メディアラボ入社までの道のり:

学生の頃は、授業で日本語教育にeラーニングを取り入れる実習に参加したり、趣味で個人ホームページを作ったりしていましたが、ITを仕事にするとは思ってもいませんでした。家のパソコンにトラブルがあって、自分で調べたり詳しい人に教わったりしながら問題を解決したことがきっかけで、ITの分野で人を助けることに興味を持ちました。

その過程の中でメディアラボに出会い、医療にかかわる分野で人のために働けることや、人と人との距離が近いチームの雰囲気に魅力を感じ、入社しました。

 

育児と仕事を両立することについて:

チームの仲間、お客様、会社の制度、家族親族、保育園等々、仕事と育児とで関わっている方々のおかげがすべてだと感じています。特に、子どもの体調不良で仕事を休まざるを得ないときにフォローしてくださるチームのメンバーには本当に感謝しています。在宅勤務である程度時間に融通を利かせてもらっていることも、仕事を継続する上でとても助けになっています。その分、自分が人の助けになれるときには全力でサポートするようにしています。私自身がサポートされる機会が多い中で、仲間に対する思いやりはお客様や社会に対する態度と密接に結びついていると感じます。助け合いや協力の良い循環がチームの中にあることも私はメディアラボというチームの魅力だと感じています。

 

システムエンジニアという仕事について:

SEとして働くようになっで最初の10年近くは、お客様が詳細に決めた仕様の通りに作ることを求められる仕事に携わっていました。一方、後で関わった別のプロジェクトでは、使う方の部署や役職によってシステムに求めるものが大きく違っていて、お客様の業務フローを理解して一緒に仕様を作っていくことが一番重要なことでした。お客様によって、業務の特性や自分たちの作るものが業務の中でどのような役割を持つかが大きく異なるので、そこに寄り添うことが大切な仕事なのだと思うようになりました。お客様にとって同じゴールを目指す仲間になることで、良い仕事を支えるシステムを作っていきたいと考えています。

 

挑戦していること:

悪い完璧主義を脱しつつ、アウトプットの質はできるだけ下げないようにすることです。子どもができる前は、何事も自分だけの力で完成度を上げようと時間をじゃぶじゃぶ使ってしまいがちでした。そんな働き方の中で身に着けることができたものは自分にとって大きな財産ではあるのですが、時短を使わせてもらっている今はそういうわけにはいきません。周りの力を頼ることや、そのブラッシュアップは本当に必要なのか考えること、もっと効率の良いやり方がないか常に省みること…書いてみると当たり前なことばかりなのですが、良くない習慣に流されないよう抗って、自分をかえていくことが挑戦かという気がしています。AIを使った効率化にもチャレンジしたいと思っています。

 

メディアラボのここが好き:

人間関係があたたかく、会社や製品をもっと良くするために皆で取り組もうという姿勢を全員がもっているところです。特に、私が今所属しているチームでは、誰かの作業で問題が発生したら全員が手を止めて問題解決のために協力することになっていて、つながりのなかで働くことに大きな充実感があります。