1. HOME
  2. ブログ
  3. 社内の適材適所を構築する

社内の適材適所を構築する

皆さんこんにちは。株式会社メディアラボの長島睦です。

今日は社内の適材適所の話です。

皆さんは社内の人員配置や育成、企業風土作りはどのように行っていますか??

社員一人ひとりにあった仕事や役割を知ることができて、やる気を持って有機的に動いている会社。

すごくいい会社ですよね。

世の中には、いろいろなツールがありますが、
株式会社メディアラボで使っているのはiWAM(アイワム)と言うツールです。

iWAM(アイワム)は世界30カ国以上で使われている認知科学を応用した精細なプロファイリングデータツールです。

詳しくはこちら

社員一人ひとりの認知スタイルを可視化して、
その社員がどんな考え方を仕事に対して持っているのかを知ることができます。

株式会社メディアラボではこのiWAM(アイワム)を活用して、人材配置やチームの組み合わせを決めています。

例えば、自社製品の開発の部署では過去の流れを汲んで一つ一つ継続的にミスの起きないチェックをし続けられる人を配置したり、アイディアを出すのが得意な人と行動のためのプロセスを構築して一つ一つ実行できる1を組み合わせてチームにしたりしています。

このことはチームにとってだけ良い意味があるだけではなく、
社員一人ひとりのモチベーションにも大きく影響を与えています。
自分の強みをしっかりと理解して、そのことでチームに貢献することができることに、楽しみが見出せるからです。

これからは大きく時代が変化してくるタイミングだと思います。一人ひとりが自立して、チームやお客様、より大きいコミュニティのために、力が発揮していける時代です。

だからこそ、その人の強みを把握して、本に頭その強みを活かしていく話をしながら、チームを有機的に成長させていくことが大切だと思います。

iWAM(アイワム)に興味がありましたら、ぜひお声がけください。
一緒に最高のチームを作っていきましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事