1. HOME
  2. ブログ
  3. 養老孟司先生の特別講義に参加してきました!

養老孟司先生の特別講義に参加してきました!

先日、ワールドユーアカデミーにて、養老孟司先生の特別講義「我が国日本はどうなっていくのか? ~日本復興の鍵~ 」が開催されました。
養老孟司先生は医学博士で解剖学者であり、ベストセラーとなった書籍「バカの壁」の著者でもあります。
メディアラボから代表の長島 睦(むっちゃん)、幹部の渡口 聡則(ぐっち)、小川 貴弘(たかさん)、渡部秋吾(なべやん)、小林 英司(こばやん)と、
社員の白島 健登(しらけん)、藤井 正基(ふじさわん)、吉岡 早希 の8名で参加いたしました!
このブログでは特別講義に参加したメンバーの感想をお届けしています。

————————————————————–
【自然とのかかわり方を大切に】
メディアラボの吉岡早希です。特別講義にて養老孟司先生のお話を伺いました。
印象に残ったのは、都市化とは予測や制御のできない自然を切り離していく動きということでした。
ヒーローズクラブでは農業の復興を目指していますが、農薬や化学肥料の使用が増えてきたということも、
製薬会社のビジネスが主導していただけでなく、少しでも農業を産業として予測・制御可能なものにして
効率をあげていきたいという動きと合わさってのことだったのかもしれないと思います。
省力化はするのが望ましい分野と望ましくない分野があるといわれていますが、
例えば人との関わりには充分に時間を使うのがよいように、自然とのかかわり方を大切にし、
循環をさせることで素晴らしい社会にしていくのが大事だと感じました。
もう一点印象的だったのは、今の社会は子どもを不完全な大人として扱っているということでした。
電車の中で騒ぐ子どもやベビーカーに対しての眼差しを思うととても腑に落ちる感覚がありました。
今まさに2歳児を育てていますが、彼らの自然をおおらかに受け止めていけたらと思いました。

————————————————————-
【失われていた豊かさがあるのではないかと目を向けていく】
メディアラボの渡口 聡則(グッチ)
です。
養老孟司先生のお話をお聞きして、「都市化」という言葉が気になりました。
人が決めた枠組みの中で生活し、枠の外に出てしまうものは排除していく価値基準は
当たり前のように正しいとされてきました。
テレワーク・メタバースと、人が管理できる領域がますます広がっていき生活が便利になる片方で、
失われている豊かさがどこかにあるのではないかと目を向けていく。
こうしたバランス感を取り戻すことの大切さを感じました。
経済が先行しがちではありますが、農業という人の生活を支える営み、日本人が大切にしてきた伝統文化、そして教育、
こういう時代だからこそ立ち止まって考えられる機会を広げて行きたいと改めて認識しています。
ヒーローズの仲間と共に、豈プロジェクトをやっていきましょう!
養老孟司先生ありがとうございました。


【「自然と共にあるもの」として向き合い、接していくことが大切】
みなさん、こんにちは。
メディアラボの長島睦(むっちゃん)です。

養老孟司さんの話、非常に感銘を受けました。「和の国、日本を元気に!立ち上がれ豈魂!」
私たちヒーローズクラブの志に共感いただき、講演いただけることに感謝です。
本当にありがとうございます。

「我が国日本はどうなっていくのか? ~日本復興の鍵~ 」というタイトルで特別講義をいただいたのですが、
日本の未来である子供たちについての示唆や人の脳の構造について非常に楽しくお話を聞かせていただきました。

1番の気づきは、日本の未来である子供たちが元気になっていくために、「未熟な大人」として接するのではなく、
「自然と共にあるもの」として向き合い、接していくことが大切だと言うことです。

人は考える「脳」を持っています。
そして、自分の頭の中で想像した未来が起きると安心して、
想定外のことが起きると不安になるというのが「脳」の癖です。

そんな私たちにとって想定外の行動する子供の存在は常識と照らし合わせて考え、
人としてまだ未熟なんだと、そんな思いで接してしまうことがあります。
しかし、養老孟司さんの話を聞いて、「未熟」なのではなく、「自然」なのだと言うことに気づかされました。

私自身もヒーローズクラブの中で、自然の中で山に登ったり、テント泊をしたりすることがあります。
すると、突然雨に降られたり、気温が目まぐるしく変わったり、そんな想定外のことがたくさん起きます。
最初は、鬱陶しいと思っていましたが、今は自然の偉大さや地球の素晴らしさを感じるようになりました。
想定外のことを楽しめるようになってきたのだと思います。

話を戻すと、子供と言うのは、自然にとても近い存在なのだということです。
何をするか分かりません。だからこそ、大人がそのことを楽しんでいくことが大切なのだと思います。
想定外を楽しめれば、大人も子供も元気になりますし、感動が広がっていきます。
せっかくそんな存在が日本中にいるのですから、その想定外の行動を楽しみ、愛おしく思い、感謝とともに向き合っていく、
そんな人生が豊かだと感じました。

今ヒーローズクラブでは、豈プロジェクトを通じて日本が元気になる活動を具体的にやっています。
大人も、子供も元気になるプロジェクトです。多くの方がこのプロジェクトに共感いただき、
私たちの祖国、日本を元気にするために立ち上がるよう着実に歩んでいきます。

ぜひみなさん仲間になってください!

———————————————————–

特別講義では様々な先生方々をお呼びして叡智を学ばせていただいています。
次回の養老孟司さんの特別講義は、11/14(月)に開催される予定です。
ぜひ一度会場に足をお運びください。

下記サイトから特別講義のチケット購入が可能です。
※お支払い情報の入力画面にて、クーポンコード「medialabo」の入力で5%引きになります。

2022/11/14 特別講義 養老孟司氏「日本復興の鍵」これからの時代に必要な学びとは?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事