1. HOME
  2. ブログ
  3. メディアラボの考える「チーム」について

メディアラボの考える「チーム」について

川の緑がキラキラと力強く輝く季節になってきました。

こんにちは。メディアラボのむっちゃんです。

今日は私たちメディアラボの考える「チーム」についてお話をしたいと思います。

改めて「チーム」のことをお話ししたいと思ったのは、映画のグレイテストショーマンがきっかけでした。

greatestshowman.jpg

 

ぜひ映画も観ていただきたいのですが、YouTube で映画製作前のワークショップの動画があるんです。

 

https://youtu.be/g91RzJqMNhU

 

映画制作が始まる前に行われたワークショップで、今まで「前に出て」と言われても、ずっとマイクの後ろで歌っていた女性が、曲の途中、初めて前に出て歌を歌います。

そのエネルギーに呼応するように周りの演者の方々が曲にのめり込んでいって、感動の輪が拡がっていきます。

魂が震えて、涙が止まらなくなりました。

ハリウッド映画に出演される方々なので、全員が一流。

世界に感動を届けたいと考えている人たちが集まって、最高の映画作品づくりをする中で、一人の女性が怖さや不安や葛藤を超えて、覚悟を決めて挑戦した時に、そこに共感して共にエネルギーを上げていくことのできるチーム。

こんなチームが最高だなと感じています。

誰と一緒に歩むか。

私たちのVISIONは「共に光の山を上る」

まさに、チームとは、共に光の山を上る仲間だと思います。

teammedialabo2.jpg

 

私たちに置き換えると、社会に貢献したいと価値観の合う仲間が集まり、1人1人が人としてこうありたいと思う像に成長しようと葛藤する中で、怖さや不安を手放して勇気を出して一歩を踏み出す仲間の背中を押し、サポートし、高め合い、加速していくチーム。

会社だけではなく、ご縁のあった方々と会社を越えて、最高のチームを作り、拡げていきたいと思います。

お金や能力や損得でつながるチームではなく、思いや価値観でつながる。

グレイテストショーマンのワークショップでこの女性の歌う曲は、「This is me」

「ありのままの自分で良い」という曲です。

システム開発を通し社会に貢献できる、魂を成長し続けられる自身でありたいと素直に、声高らかに、ありのままに言える人たちに溢れたチームを作りたいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事