1. HOME
  2. ブログ
  3. テレワークでのコミュニケーション

テレワークでのコミュニケーション

こんにちは。メディアラボ渡部です。

もう5月も終盤に差し掛かり暖かくなってまいりました。

立川の花々も元気に咲いて彩りから毎日元気をもらっています!
telwork.jpg

多くの方が自宅での作業を余儀なくされたことで、「テレワーク」という言葉が最近一般的になってきました。

以前はテレワークでコミュニケーションがうまくいかなくなるのではないかという懸念もありましたが、実際に行ってみると良い効果もありました。

1つ目はコミュニケーションの訓練の場になったこと

実際にテレワークを行うようになって対面で話ができない分、情報を伝える側はきっちりした報連相をする良い機会になりました。

また、受ける側も聞いた内容を正確に把握できているかを確認する様になりました。

私たちメディアラボの取り組みの中では、テレワーク開始前と比べて報連相の質が確実にあがったように感じます。まさにコミュニケーションの良い教育の場になりました。

2つ目は、集中して仕事をすることができ残業が減ったこと

今までは仕事の時間に、周りからの割り込みの仕事や質問事項があってシステム開発の仕事を中断することがよくあったのが、仕事を止められることなく集中して進めることができるようになりました。

結果として、残業が減るという効果がありました。

これは今後、質問時間を定めるなどで会社の中でも応用ができそうです!

3つ目は対面でないからこそのコミュニケーションができること

今まで面と向かって上司になかなか言えなかったことがテレビ会議だと言えるという体験をした社員もいました。

対面でないからこそ言えることもある。

テレビ会議で話せたことで「逆に、上司との距離が近づいた」という声も上がっています。

あえて、テレビ会議で会話をすることで信頼関係ができてくるという学びになりました。

 

今回テレワークを本格的にやった結果として、新しい働き方をする学びが多くありました。

そして、状況によっては実際に顔を合わせてののコミュニケーションに勝るものはない状況があることも実感しました。

状況と伝えたい意図、誰と話をするかによってコミュニケーションの仕方を変えていくことが重要だということに気づきました。

 

起きた状況に対して、ネガティブに反応するだけでなく、前向きにチャレンジすることでいろいろなことが見えてきます。

今回は、テレワークでITツールによってコミュニケーションの幅が広がりました。

逆境をチャンスに変えて、楽しく自由に成長していけると良いですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事