先輩からのメッセージ

吉岡 早希


  • システムエンジニアリング部 課長代理
    吉岡 早希
    2006年入社

私の仕事内容

PACS(医療画像管理システム)の受託開発 (仕様ヒアリング、スケジュール作成、プログラム設計・実装・試験)、市場で発生した不具合等の調査(ログ解析)、不具合修正。
また、チームで動いているので、メンバーへの作業振り分けやサポートや進捗管理もしています。

この仕事をしてよかったと思うこと

長く続いている製品の改良が業務の大半を占めるので、エンドユーザ様から「使いやすくなった」と言っていただけることがあるとやりがいを感じます。自分たちが提案した改善案でうまくいったときには喜びもひとしおです。

この仕事をしていて大変だったこと

まだないものを形にするうえで、何をやらなければならないかを見落とさないように洗い出し、スケジュールに落とし込んでいくことが大変でした(今も何かと苦労している気がします)。ここがいい加減だと納期が遅れたりメンバーが過負荷になったり利益がなくなったりするような事態につながってしまうので、責任を感じます。
また、発生した不具合の原因などが分からないときにはあの手この手で調べる必要があり、苦労することがあります。

学生時代の自分

体育会系の部活動に明け暮れていました。ほぼ毎日、夜も結構遅く(22時とか)まで…。
学部は人文学部で、一般教養でHTMLをやったり、日本語の用例を調べる中でデータの検索をするなど、ごく限られた部分でしかITとは接点がありませんでした。自宅のパソコンにトラブルがあっていろいろ調べたりするうちに、この業界に興味を持つようになりました。

メディアラボを選んだわけ

次の3つが理由です。
・医療に関わっているということで、より社会貢献につながると考えたから
・使用する技術が今後も使われていくものであり、将来のためになると考えたから
・家から近かったから
※私はMLへは紹介予定派遣で入社したため、数ある中から自分で選んだのではなく、派遣元に提示してもらった2つのうち1つから選んだという形でした。現在の採用形態で応募される学生さんにとっては参考にしづらいかもしれません。
MLを選んだあと面接で訪問したとき、アットホームな雰囲気を感じ、ぜひここで働きたいと感じました。

学生の皆さんへメッセージ

自分が会社の研修を受けたときに聞いた言葉で、「あなたが会社を選び、会社もあなたを選んだ、というご縁が結ばれている」というものがありました。自分がやりたいことや大切にしたいことなどをよく見つめて、納得がいくかたちで仕事・会社を選んでいっていただければと思います。
この会社はとにかく人が暖かいです。それぞれが自分の力を惜しみなく仲間のために発揮している会社だと思います。
自分はIT未経験で入社しましたが、皆親切に教えてくれました。意欲さえあれば成長でき、成果をだしていける環境があると思いますので、そういったことを大事に考える方には合っている会社だと思います。

興味がわいたらもっと見てみよう!