メディアラボについて

メディアラボってこんな会社です

医療に特化したシステム開発、関連する様々なサービスを提供。

医療パッケージシステムの開発から、受託開発、さらにはサーバーリプレースやカスタマイズなど、提供するサービスは多岐に渡ります。
現在は大きく分けて下記のような事業を展開しています。

メディアラボの事業内容

  • ■医療機関の業務を手助けする製品を提供する「パッケージソフトウェア事業」
  • ■メーカーからの依頼を受け医療機関向け製品の開発を請け負う「医療プロダクト開発事業」
  • ■医療機関が独自に必要なソフトウェアをオーダーメイドで開発をする「オーダーメイドカスタマイズ事業」
  • ■ソフトウェア導入や保守を行い、医療システムの安定稼働をサポートする「導入保守事業」
  • ■お客様の情報の流れを可視化し、業務効率向上のお手伝いをする「情報コンサルティング事業」
  • ■大学病院や業界団体、地方自治体の実証実験など将来の日本の医療を支える研究開発を支援する「研究開発支援事業」

メディアラボは情報の整理整頓を通じてお客様の利益と時間を生み出す事業を展開し、日本の医療へ貢献していきます。

企業理念

  • 一.我々は、ソフトウェアのプロフェッショナルとしての自覚を持ち、行動します。
  • 二.我々は、社会が真に必要とする医療システムを提供します。
  • 三.我々は、社会に貢献します。
私たちには3つの決意があります
  • ・情報のプロフェッショナルとして、社員一人一人が常にお客様の横に立ち、お客様がビジョンを達成する為に縁の下の力持ちになって行動をする決意。
  • ・お客様の声・社会情勢の変化に対してアンテナを高く持ち、社会が本当に必要としている製品・サービスを提供する決意。
  • ・そして、情報の整理整頓を通じて、世の中の発展と向上に貢献する決意。

メディアラボの魅力

先代の考え
徹底的にお客様の立場に立ったシステム開発をすることで、社会に貢献する

当社のルーツは、1991年に創業者の長島広幸がマンションの一室から始めたシステム開発会社。創業当時より「徹底的にお客様の立場に立ったシステム開発をすることで、社会に貢献する」という信念を持ち、お客様目線に立ったソフトウェア開発をしてきました。
私たちはこの創業者の姿勢を現在も受け継ぎ、「情報化社会の整理・整頓をし、”やりたいコト”ができる世の中を創る」というグランドデザインのもと、お客様の業務改善をソフトウェアで支援してまいります。

待遇・制度
成長できる環境づくりに取り組んでいます

お客様がビジョンに向かって前進できるようにバックヤードの改善提案に取り組む私たちですから、自分たちの環境の改善にも常に取り組んでいます。その取り組みはモノの整理整頓や情報の整理整頓だけではありません。社員が成長できる環境づくりなど、ソフト面の整備にも力を注いでいます。若手を中心とした勉強会や外部研修、3カ月に一度どのように成長しているか、今後成長していくかを上司と話し合う成長支援制度、会社がお金を出してワイワイ行うイベントなどを行っています。また、若手のうちは失敗をたくさん経験してもらい、その失敗を失敗で終わらせず成功に導く鍵として活かせる雰囲気づくりも、社員全員で行っています。

戦略・ビジョン
「情報化社会の整理整頓をして、”やりたいコト”ができる世の中を創る!」

メディアラボはソフトウェアの開発会社ですが、「開発力だけ」を提供するわけではありません。
まずは情報を整理整頓するところからお客様に提案をしていきます。
情報が溢れる世の中だからこそ、「整理整頓」が重要だと考えています。

世の中には、組織として達成すべきビジョンがあるにも関わらず、バックヤードの業務に追われ、最も重要な業務に全力で取り組めていない事例が多くあります。
私たちは、お客様のバックヤードをソフトウェアの力を使って効率化し、お客様が本当に達成したいビジョンに100%集中できる環境づくりをお手伝いしたいのです。

IT環境が改善されれば、社長や社員が本当にやりたいことに集中でき、前向きになります。そして、組織に一体感が生まれ、業績が変わります。そして今以上にビジョンに向かって進んでいくことができます。それが結果として、世の中を変え、日本を変えることにつながると私たちは思っています。バックヤードと人を変える「情報の整理整頓企業」として、お客様のお役に立ち続けるために、私たちは日々進化し続けています。
(代表取締役 長島 睦)

みなさんにやっていただきたいお仕事

まずはソフトウェアの開発や導入支援・保守の部門で活躍をしていただきたいと思っています。やはりお客様の立場に立った時に信頼ができるのは、きちんとソフトウェアの技術体系や病院の現場を理解したプロフェッショナルです。メディアラボでは営業であっても、開発技術や運用の現場を理解できる社員であることがお客様に本当に良い製品・サービスを提供する上で重要なことだと考えています。そのためには現場を経験することが一番の早道。
また、当社では定期的に部署の異動やジョブチェンジを行っていますので、 開発職だけはなく、営業・保守・自社製品開発といった職種にチャレンジすることも可能です。 あなたが望むキャリアステップを、 当社で実現して下さい。

興味がわいたらもっと見てみよう!