電子文書、紙文書等の診療情報の一元化で院内事務処理コスト削減をサポート。

「Document Heart」で診療情報管理のお悩みを解決。
院内事務処理コストの削減等をサポートし、簡単な操作ですぐに利用することが可能です。

導入のメリット
思考過程を記録に残すことができる。
導入のメリット
複雑な患者背景と診療科個別の多彩な診療特性から求められるコンテキストに対応できる。
導入のメリット
診療の過程で得られた情報を過不足なく管理することができる。

診療情報の一元化で院内事務処理コスト削減をサポート。

診療情報管理システム「Document Heart」で診療情報管理のお悩みを解決できます。院内事務処理コストの削減等をサポートし、簡単な操作ですぐに利用することが可能です。電子文書、紙文書等の診療情報を一元化し、共有化することにより、検索性、一覧性の向上を図ります。また、電子カルテ、オーダリング、RISなどのシステムとの連携が可能です。

診療情報管理システム「Document Heart」3つの特徴
  • 電子文書を一元化し、共有化を実現します。
  • 「患者ID」「患者名」「作成者」や「作成日」といった情報をキーにして検索ができ、保存された文書をすぐに取り出すことが可能です。
  • 診療の過程で得られた情報を過不足なく管理することができる。
ナースステーションでの情報分析、計画立案、評価

Webを基本としたわかりやすい操作画面
インターネットを利用した事のある方なら、簡単な操作説明を受けるだけですぐに利用することが可能です。

電子ファイルの登録、スキャナや複合機と連携した紙文書の取込みが簡単。
エクセル、ワード、PDF、テキスト、JPEG画像等、一般的なファイルに対応しています。スキャナ、複合機との連携が可能です。

ペンタブレットの対応による診療情報作成を支援。
株式会社ワコム製 液晶ペンタブレット DTUシリーズに対応。ペンタブレットにて、患者のシェマ作成が可能となります。

機能・システムレイアウト

医療の現場で真に活躍できるシステムを構築します。

わずらわしい就業管理を、代休管理・年休管理の自動化により簡略化します。特別な環境を必要としないwebベースのアプリケーションだから、導入もスムーズでカスタマイズにも柔軟に対応できます。

Document Heartの主な機能
文書登録機能

・Excel文書、Word文書、PDF文書、テキスト文書、JPEG画像に対応します。
・シェマ、スキャン文書、ファイル取込、雛形文書からの文書作成が可能です。
・雛形文書を使用する場合は、患者情報、ユーザ情報の自動入力が可能です。
・登録された文書は作業状態に応じて、“作業中”、“未承認”、“公開”の三つのステータスで管理することが可能です。

承認機能

・承認の順番にこだわらない柔軟でスピーディーな承認が可能です。
・ユーザ名とログイン日付で承認印章が作成されることが可能です。

地域連携機能

・診療情報提供書や返書の作成が可能です。
・地域連携の履歴管理が可能です。
・統計情報の出力が可能です。

検索機能

・作成日付、ステータス、文書名、作成者ID、患者ID、患者名により、文書の検索が可能です。
・文書の作業状態に応じて、文書の修正、参照、承認を行うことが可能です。
・公開文書の閲覧のみ可能で、作業中の文書が閲覧されることはありません。

履歴管理機能 ・作成日付、ステータス、文書名、作成者ID、患者ID、患者名により、文書の検索が可能です。
・文書の作業状態に応じて、文書の修正、参照、承認を行うことが可能です。
・公開文書の閲覧のみ可能で、作業中の文書が閲覧されることはありません。
セキュリティ機能 ・文書の不正利用を監視する為のアクセスログ機能です。
・公開タイムサーバー利用による診療情報の存在証明、非改ざん証明機能を搭載(オプション)することが可能です。
システム連携機能 ・電子カルテ、オーダリング、RIS等のシステムとのURL連携が可能です。
システム構築・連携イメージ

導入の流れ・サポート

基本的な導入の流れ
メディアラボだからできる導入後の安心サポート

メディアラボの経験豊富な担当技術者によるサポートで的確なレスポンスを実現。
導入時のサポート、インフラシステム構築、運用段階でのカスタマイズなど、専門知識が必要になるシーンでスピーディに対応。各病院に専任の技術担当者がつくから、安心してシステムを運用することができます。お困りの際はお気軽にサポートセンターまでお問合せください。

メディアラボだからできる導入後の安心サポート

メディアラボの経験豊富な担当技術者によるサポートで的確なレスポンスを実現。
導入時のサポート、インフラシステム構築、運用段階でのカスタマイズなど、専門知識が必要になるシーンでスピーディに対応。各病院に専任の技術担当者がつくから、安心してシステムを運用することができます。お困りの際はお気軽にサポートセンターまでお問合せください。